業務効率化を検討するなら|入金消し込みのシステム化が可能

スーツの人

利便性が高いシステム

PC

投資回収は数年で可能

企業の社内システムでワークフローシステムを導入する会社が増加しています。これは社内で行う各種申請や承認作業などをネットワーク上のシステムで完結してしまう事です。社内の申請は意外にたくさんあります。人事的なものや経費申請、そして稟議などです。これらはかつて紙で管理されていました。つまり紙で作成した書類を拐取部門に回議して承認をもらっていたのです。しかし担当者不在や件数の増加などにより対応しきれなくなったり、時間がかかりすぎるなどのデメリットも多くなります。特に3月など申請書類が増加する時期には、担当部署の工数過多になることも珍しくないのです。そこでワークフローシステムを導入することで効率的に書類の申請を進めることができるようになります。承認は次の担当者に自動的に割り振られることになりますので、滞ることが少なくなるのです。申請した書類が今、どのような状況になっているのかを確認することもできます。すべてのアラートや依頼はメールで行われることになっているので、申請漏れや、承認終了などのアナウンスもなされることになります。ワークフローシステムは初期導入時には高額なコストを見込む必要があります。主にパッケージ版の活用で行われますが、自社のシステムに準じた内容に変更することが必要になるためです。しかし今後のかかるコストや人件費を考慮すると数年で投資回収することができることが見込まれるのです。ワークフローシステムは、利便性とコスト削減を兼ねているのです。

Copyright © 2017 業務効率化を検討するなら|入金消し込みのシステム化が可能 All Rights Reserved.