業務効率化を検討するなら|入金消し込みのシステム化が可能

スーツの人

メールに追われる

電子メール

社内全体での取り組み

社内の業務のうち社内メールに追われている時間は少なくても2時間程度はあるといわれています。相手が目の前にいなくても要件を伝えたり、頼みごとができるメールは非常に便利なのですが、逆にこれに追われてしまう可能性も高くなっているのです。ビジネスで受信するメールは少なくても一日30通はあるといわれています。多い人であれば、1000通以上のメールを処理しているケースもあります。メールの連絡が便利なのですが、これに依存すると相手方にも迷惑をかけることになります。そのため社内メール効率化を推奨している会社も数多くあります。メールを送る通数を限定したり、コミュニケーション方法をメール以外にするなどです。もちろん最初は不便さを感じることも多くなりますが、社内メール効率化により時間を有効的に活用することができるようになるメリットも存在するのです。メールの内容をすべて読むのは苦労します。そのため、社内メール効率化の現場では、件名などを有効的に活用して内容を薄くするなどの取り組みを行うのも有効的です。件名は一番で把握することができますが、本文は一つ一つ開封しないと把握できません。そのためメール件名に必要情報を記載して送信することも一つの社内メール効率化の手法なのです。社内でこのような取り組みがなされていない場合には、自分自身で効率化を図ることも可能です。フラグやフォルダの作成などを行い、仕訳をきちんと行うことで効率的に業務を行う事ができるようになります。現在では、社内メール効率化を図ろうと様々な便利アプリやシステムも登場しています。これらの機能を使用することで、手っ取り早くメールでやり取りが行えます。仕事を効率的に行うためにも、このようなアプリやシステムなどの導入を検討してみるとよいでしょう。

Copyright © 2017 業務効率化を検討するなら|入金消し込みのシステム化が可能 All Rights Reserved.